« 組み上げていきましょう(ワンコの出入口の製作)【住まいのDIY】 | トップページ | 新作アイテムインプレッション【MTB山岳サイクリング】 »

2008/05/06

チューブレスタイヤに交換しました【MTBメンテナンス】

今日はこどもの日でしたので、まとまった時間は取れません。

Pap_1753

よって、足回りを中心にメンテナンスをして見ました。

まずはブレーキパッド。
前に話題になったようにメタルパッドを折衷仕様に交換します。

Pap_1752

おもったほど減っていないレジンパッドを外して掃除をしましたが、新しいメタルの方がパッドの残量が少ないみたい。(レジンも左上がクリーニング後)

Pap_1742

キャリパー本体をチェックのため、パッドを外した状態でブレーキ操作をすると、片側のピストンしか出てきません。これを放っておくとパッドが片減りしたり、引きずって音が出たりするものと思われます。

Pap_1741

ウエスで擦りながらパーツクリーナーで汚れを洗い流し、正常に動くことを確認しました。

Pap_1750

外側をメタルにして完了。メタルを外側にした理由は特にありません・・・

いよいよ初めてのチューブレスタイヤを装着します。
事前にリムの汚れを拭き取り、傷や変形が無いことを確認しました。

Pap_1747

このくらいの傷なら問題ないですね。

チューブレス用のエアバルブを取り付け、チューブレスだからと言って特別な組み方が必要なワケでもなく極々普通に組み上げて行きます。

Pap_1746

最後にタイヤを引っ張ってリムの「土手」に乗せるようにしたあと空気を入れると、あら、不思議・・
チューブも無いのに空気が入って行きます。

Pap_1744

約3気圧入れると「パンっ!」「パンっ!」という音とともにタイヤがリムに填った感じがしました

Pap_1748

ついでな感じに細部の泥を適当に掃除しました。
フレーム保護のために貼られたビニールテープは今だ健在で、画像の上部に僅かに映っていることが確認出来ます。
(→http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/01/post_f08d.html

仕上がりの風景に、今までお世話になったFSRを参加させて見ました。

Pap_1737

不思議なことにハンドルはRANSOMの方が低いセッティングでした。

Pap_1739

改めて比較するとホイールベースは相当違いますが、その違いの多くはリアセンターの違いに起因しいるようです。

Pap_1738

正面からの比較もハンドルの高さが違う感じ、サドルの高さはストローク量の違いからするとRANSOMが上がっていて正解かと思います。

さて、明日は珍しく同行者がいる山行きになりそうです。
今の雨も朝までには上がる見込みです。
新しく履いたMIBROの感触はどんなもんでしょう?乞うご期待。

|

« 組み上げていきましょう(ワンコの出入口の製作)【住まいのDIY】 | トップページ | 新作アイテムインプレッション【MTB山岳サイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 組み上げていきましょう(ワンコの出入口の製作)【住まいのDIY】 | トップページ | 新作アイテムインプレッション【MTB山岳サイクリング】 »