« フォークのガタの原因究明【MTBメンテナンス】 | トップページ | 申し込んじゃいました・・・【SDA王滝2008】 »

2008/04/15

昔懐かしナポリタン、小エビのカルボナーラ、マイタケのオイルスパゲッティ【イタメシレシピ】

先週、姫のためにオムライスを作ったとき上にかけたトマトソースが好評で、その味をパスタにしろと言うので、懐かしい系のナポリタンにしてみました。

Sn381585

その他、小エビのカルボナーラ、マイタケのオイルパスタが今日の夕飯でした。
がぁ、、、料理着手が7時過ぎと遅く、時間をかけると家族からクレームが出そうだったので、写真も盛り付けも雑です。

ご了承ください。

まずは材料準備。

Sn381582

ナポリタンはハム、タマネギ、ニンジン、ピーマンとバター。

Sn381584

小エビのカルボナーラはエビ、生クリーム、チーズ、にんにく、白ワイン少々。

Sn381583

マイタケのオイルパスタはマイタケ、タマネギのみじん切り、セロリ、ニンニク、鷹の爪、白ワイン。

といったところが材料になります。
もちろん、冷蔵庫にある材料を寄せ集めているので「使い切ってしまう」ことを基本とした分量です。

パスタはいつものバリラのSOCですが、ソースとの相性を考え、マイタケのオイルパスタが#3(1.4mm)、他は#5(1.7mm)にしました。カルボナーラはリングイネでも良いと思います。

まずはナポリタンソースの作成から。
(今回の時間配分的に、ここでゆで時間8~9分の#5のパスタを一緒に茹で始めています。)

Sn381586

玉ねぎとニンジンをサラダオイルで炒め、ハムとバターを加えて火を通します。

Sn381588

1人前のトマトソースとケチャップ、ウスターソース、を加え、塩、粗挽きコショウで味加減を整え、ピーマンを加え一煮立ちさせて火から下ろしておきます。

次に小エビのカルボナーラ。

Sn381589

サラダオイル少量でニンニクに火を通してバターを入れます。

Sn381590

小エビとみじん切りにした玉ねぎを少々入れ、におい消しも兼ねて少量の白ワインをふりかけ蓋をして火を通します。

Sn381591

牛乳と生クリーム、とろけるチーズを入れ、チーズがとけた頃茹であがったパスタを入れからめます。
(#5が茹であがったら、同じお湯ですぐにゆで時間5~6分の#3を茹で始めます)

Sn381592

完成。
上にパセリのみじん切りをふりかけると、色合いが良さそうです。
(今日は時間と材料がないので・・・)

チーズの分量が多いと冷めたとき団子になってしまうので、程度は考えないといけませんが、チーズの種類にもよるので一概に量は言えません。風味づけと考えて入れてください。

引き続きナポリタン。

Sn381593

軽くサラダオイルを敷いたフライパンに、先ほど一緒に茹であがったパスタを入れ、火からおろしておいたナポリタンソースをからめます。

Sn381594

完成。

これにはパルメザンな粉チーズなんてかけると美味しそうです。
ケチャップだけのシツコイ味にならないので洋食屋のナポリタンの味わいです。(ほめすぎ?)

盛り付けが雑ですが、ゆっくり撮影していると次のパスタが茹であがってしまうのでお許しください。

次にマイタケのオイルスパゲッティ。

Sn381595

多めのオリーブオイルにニンニク鷹の爪、玉ねぎのみじん切りを入れ香りを出します。

Sn381596

セロリ、マイタケを入れワイングラス半分くらいのワインを注ぎ蓋をして蒸します。

Sn381597

2~3分で蒸しあがったところで、茹であがったパスタを入れて完成です。

トッピングでパセリのみじん切りがほしいところ。
マイタケの香りが苦手な方には温泉卵なんか乗せてもよいかも。
(苦手なら食べるなよ!って感じですね。)

今回は集合写真はありません。
写真もピンが入っていなかったり最悪で申し訳ないです。
生きるための料理って、時間との戦いもあるので、ブログネタにするには大変だぁ~。

|

« フォークのガタの原因究明【MTBメンテナンス】 | トップページ | 申し込んじゃいました・・・【SDA王滝2008】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォークのガタの原因究明【MTBメンテナンス】 | トップページ | 申し込んじゃいました・・・【SDA王滝2008】 »