« 工作感覚でブッシュドノエル【姫をお助けクッキング】 | トップページ | で、何を変えたのか?【MARZOCCHI ALL MOUTAIN SL 1】 »

2007/12/24

チューニングしてみました【MARZOCCHI ALL MOUTAIN SL 1】

当たりが出て良い感じになって来たRANSOMのMARZOCCHI AMSL1ですが、ストローク感が足りないイメージを払拭すべくチューニングにとりかかりました。

Pap_1152

オイル量をマルゾッキのサイトで調べると右55cc/左20ccということでした。

Pap_1148

RANSOMからフォークを抜き取り作業台に固定します。

Pap_1147

上下のエアを抜き、右はモンキーレンチ左はフリー外しを使ってトップキャップを外します。

Pap_1146

ここでひっくり返してオイルを抜いても良いですが、アウターからオイルが抜けるまで結構時間を費やすのでボトムの12mmのネジも外して一気にオイルを抜き取りました。

Pap_1145

両方のレッグのカートリッジを抜き、インナーチューブも抜き取ります。
ちなみに、写真手前がエアーチャンバー側の左レッグ、向こう側がダンピングカートリッジ側の右レッグです。

Pap_1144

前回のMXのオイル交換(→)の際は油面ベースで作業を行いましたが今回は規定のオイル量を計って油面を決めるため、しっかりとパーツクリーナーで前回のフォークオイルを拭き取る必要がありました。

Pap_1143

ダンピングのカートリッジを試しに動かしてみると、上部に当たる部分の黒いシリコンチューブが膨らんでロッドが潜った分のカートリッジ内の体積変化に対応しているのがわかります。

これは反対側のATAのスクリュー部分。

Pap_1142

中にラチェットが内蔵されていて走行中に緩んでいくことを防止する工夫がされています。

Pap_1141

インナーレッグにシリコングリスを塗布して、アウターレッグのダストシールの中にもタクサンのシリコングリスを塗布します。

Pap_1140

逆の手順で組んで行き、最後に規定のフォークオイルを上から充填します。今回はストローク量も多いサスペンションなので、少し固めのオイルを調合しました。でも、今回充填したオイルがオリフィスを抜けることも無いので何の変化も起きないでしょう。

トップキャップを締めて組み上げ完了です。

Pap_1139

カートリッジも分解出来そうでしたが、今回の作業だけで十分ストロークしそうだったので止めと来ました。

Pap_1136

軽く乗ってみてエア圧を確認すると、上が4bar下が5barあたりからセッテイングを始めると良さそうです。

Pap_1135

今日ははっきりしない天気だったので、次回晴れたときにもっと煮詰めてみましょう。

|

« 工作感覚でブッシュドノエル【姫をお助けクッキング】 | トップページ | で、何を変えたのか?【MARZOCCHI ALL MOUTAIN SL 1】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工作感覚でブッシュドノエル【姫をお助けクッキング】 | トップページ | で、何を変えたのか?【MARZOCCHI ALL MOUTAIN SL 1】 »