« 勉強は忙しい・・・【東京出張】 | トップページ | 天気予報を見るのを忘れてました【MTB山岳サイクリング】 »

2007/11/23

scottRANSOMのセッティング【MTBメンテナンス】

リアサスのエア圧は前の記事の通りのセットしましたが、フロントサスペンションはTST5とATAの機能さえ掴んでいませんでした。

Pap_1046

そこで、極端にセッティングを変化させてその動きを確認するとこから始めました。

RANSOMのためにチョイスしたエアスプリングのMARZOCCHI ALL MOUTAIN SL1はトップとボトムからエアを充填する仕組みになっています。

Pap_1052

上から充填されるエアはネガティブとポジティブのセッティング、

Pap_1053

ボトムのエアはプログレッシブの調整でしょう。

まず手始めにボトム側のエアを全部抜いて見ました。結果は殆ど変わらないものの、後半での粘りがやや薄れて、かつ10㍉ほどストロークが伸びました。
今度はトップのエアを抜いてみました。明らかにスプリング力が弱まりました。各部に当たりが出てきたのでしょう、当初組んだときとは明らかに挙動が違います。

エアを戻します。まずはトップから感触を確かめながら5barまで入れて見ました。

Pap_1051

戻りが早めですが良い感じで戻って来ます。
次にボトム側に4barを入れてみました。初期はあまり気にならないのですが、後半はバネレートが上がっていて、プログレッシブ効果も確認出来ました。
でも、レートが強い感じがあったので、トップを4barまで落として今回のセッティングは終わりにします。

前後のダンピングを調整しながら、バイクの挙動をチェックします。
XLサイズの影響からアスファルトでスラロームしてもサスの返りでバイクを切り替えるのにもたついてしまいます。

Pap_1050

そこで、ハンドルの高さを見直し、引きやすいように一番下までステムを下ろしてみました。自転車に乗るようになってから、始めてステムが上がらない状態で乗ることになりそうです。

調整開始から30分ようやく走れそうな感じになったので近所の松林トレイルに出掛けてテクニカルな走りのチェックをします。

ところが、ウィンドブレーカーのポケットに入れたボトルがどうしても邪魔で、近所に自転車屋さんに飛び込んでボトルケージを付けることにしました。

カーボンフレームだからカーボン製のゲージに目が行きますが、フレームの三角が窮屈でボトルを横にしないと取り出せないため、ジュラルミン製の安物にしておきました。

Pap_1048

赤を選んだのはショック、サス、ホィールなど赤のアルマイトを使った部分が多かったので合わせたつもりです。

トレイルを走り出すと、意外とキビキビと走ります。唯一の不満はタイヤの空気圧。あえてスペシャと同じ空気圧を選んでいるのでロンサス化の影響で全くサスとミスマッチな状態ですが、それは次のセッティング項目にします。

Pap_1047

この程度のトレイルならフロントは[AM]、リアも100mmにセットすればトラクションもクッション性も文句なしの状態で、このセッティングはとりあえず「有り」です。

しかし、このリアサス。リアをフルストロークモードにして走っていると、

Pap_1045

こんな根っこの乗り越えであればテクニックも不要で越えることが出来ます。もしかするとAllMountainライクなセッティングは、走破性よりトラクション重視でサスペンションを使った方が良いのかもしれません。
だからスコット標準でセットするとブリロードで40mmも下がるセッテイングを推奨しているのかな?なんて深読みしています。

もう少し走って各部に当たりが出たら、トラクション重視のセッティングも出して見ようと思います。

Pap_1044

このRANSOMとMARZOCCHI ALL MOUTAIN SL 1のセッティングは難し過ぎです。ワタクシが達人と言うわけでもありませんが、シロートの人がいきなりこのセットを買ってもきっと走れる状態のセッティングにはならないと思います。自分で特性を出せない方は迷わず130mm程度の完成車を買った方が楽しい自転車生活が送れそうです。

TripOdom 30.5 km
Total Time 1'44"
Elevation Gap ---m
---
with GPS60 logs

|

« 勉強は忙しい・・・【東京出張】 | トップページ | 天気予報を見るのを忘れてました【MTB山岳サイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強は忙しい・・・【東京出張】 | トップページ | 天気予報を見るのを忘れてました【MTB山岳サイクリング】 »