« 雨降りだからサスペンションセッテイング【MTBメンテナンス】 | トップページ | ransomシェイクダウン!【MTB山岳サイクリング】 »

2007/11/16

グリップの取り付け【MTBメンテナンス】

明日は晴れそうなので、夜な夜なグリップとGPSを取り付けました。

Sn381012

いよいよRANSOMのデビュー。でも、鎖骨骨折明けの体ゆえ、家族の強い反対から近所をポダリングするレベルになりそうです。

グリップはSPECIALIZEDのDurangoGripです。安物ですが、テーパー形状が滑り泰時や握力が無くなった時でも「抜け」が無くクッション性も良いグリップで、ここのところのお気に入りです。乗り比べのコンディションを揃えるためにも選んでみました。

Sn381013

ハンドルバーに両面テープを貼り付けます。バーに沿って2本(競技時には4本)。水が入らないようにグリップの両端になる場所にも巻くように貼り付けます。

グリップの中とハンドルを有機溶剤で濡らします。

Sn381014

今回はアルコールでやりましたが、パーツクリーナーやシンナーの方が入れやすいです。

Sn381015

アルコールが乾くまでは手軽に動くので位置を調整してしばらくすると固定されます。

全日本参戦時もこれで乗り切ってきたので、固定力は折り紙付きで、剥がすのも意外と簡単なところがオススメの装着方法です。

さて、これで完全に走ることが出来るまで仕上がりましたが、ここでの問題がサイクルメーター・・・
未使用の新品メータも有るのですが、ワイヤレスのメーターを持っていないので、ロングストロークのフロントフォークではケーブルの長さが足りません・・・

とりあえず、GPSだけで走ることにしてスペシャに付けていたGPS60用のRAMマウントを移植しました。

Sn381016

今回の取り付けはハンドルバーに直付けです。

寒いけど、早起きして・・・・無理かなぁ・・・

|

« 雨降りだからサスペンションセッテイング【MTBメンテナンス】 | トップページ | ransomシェイクダウン!【MTB山岳サイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨降りだからサスペンションセッテイング【MTBメンテナンス】 | トップページ | ransomシェイクダウン!【MTB山岳サイクリング】 »