« 鎖骨骨折の影響で・・・【週末も庭いじり】 | トップページ | ちょっとした粗相をしでかしましてました・・・【マイカーメンテナンス】 »

2007/11/04

ディスクブレーキ取り付け【MTBメンテナンス】

順番が多少違いますが、ディスクブレーキの取り付けです。

Pap_0866

スペシャルプライスだったし、今までのスペシャとのイコールコンディションの状態も狙ってLXですが、色合いが寂しいので春には・・・

Pap_0865

まずはカラータイ(針金)をでケーブルガイドに沿わせながら仮止めして、ホース全体の長さを決めます。

Pap_0864

ハンドル周りは、思いっきり切っても引っ張らない程度の余裕を持たせます。

Pap_0863

長さを決めたら写真の順番で部品を通します。(左側のラバーはレバー側だけです)

Pap_0862

付属の治具でホースを挟んでハンマーなどでパーツを打ち込みます。

Pap_0861

真鍮のカラーにグリスを塗って、ねじ込んで行きます。
ねじ込むことによってこの真鍮が変形してホースに食い込んで漏れなくなる仕組みなので、遠慮せずにグイグイしめましょう。

Pap_0860

ワタクシの場合、キャリパー側でホースの長さを合わせますので、無理のない取り回しが出来る長さで切ります。あとは、レバー側と同じ作業で完了です。

Pap_0859

そしてここからが昨日作業したオイルの充填とエア抜きで。
取扱説明書なんて読まないで作業してきたので自己流もいいところですが、だんだんと要領が掴めて来ました。

前回失敗して、エア抜きホースを抜いた際にブレーキ全体にオイルまみれにした反省から、キャリパーにパッドもローターも付けないで作業してみました。

Pap_0986

これが正解みたい。(エア抜きホースはリア側の画像を参照してください)

リザーバタンクにオイルを充填したら、キャリパー側のバルブを緩めます。

Pap_0985

しばらくするとリザーバタンクのオイルが減って来ますので適宜足しながら、何もしないで見守ります。

Pap_0984

するとエア抜きホースから泡とともにオイルが出てきますので、ここで焦ってバルブを閉めようよせずブレーキレバーを握ればオイルの流出を防げます。
流れが止まった時点でバルブを閉め、レバーを
握って離して、握って離して・・・
バルブを開けて握って絞めて離して・・・
タンクにオイルを足して・・・
握って離して、握って離して・・・
バルブを開けて握って絞めて離して・・・
と繰り返して握りが堅くなるまで繰り返します。

Pap_0983

リアはエア抜きが難しそうなのでキャリパーをフレームから外して作業しました。
(付属のホースをU字型に丸めてテープで固定すると抜いたオイルの収まりが良いです)
ラインのエア抜きはフロントと同じように済ませてバルブを閉めた後、バルブにエアを送るようにゆっくりと、かつぐるぐるとキャリパーの角度を変えてエアを集めます(イメージ的に)
この作業にフロントと同じ握って離しての作業を加えて握りを確認します。

一通り作業が終わったらキャリパーから黄色いブロックを外し、念のためパーツクリーナーでキャリパーを掃除した後にパッドを取り付けます。

Pap_0981

ホイールにローターを付けて完了です。

Pap_0973

XTの20mmアクスルのフロントセンターロックリングは、手締めのリングが付属していました。応力的に手締めで十分ですよね。

|

« 鎖骨骨折の影響で・・・【週末も庭いじり】 | トップページ | ちょっとした粗相をしでかしましてました・・・【マイカーメンテナンス】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

こんにちはインチョキです。
いつも楽しく拝見させてもらっています。

XTの20mmアクスルのフロントセンターロックリングは
手締めではなく、ホローテックⅡの取り付け工具で
締めることが出来ますよ。
もっと普通の工具で組めるようにしてもらいたいですよね。

投稿: インチョキ | 2007/11/04 20:26

to インチョキ

おやっ。なるほど。言われて見ればその形ですね。
次回増し締めします。ありがとう。
予想以上に大きいフレームで今までの走りを一新する必要がありそうです。でも楽そう。早くデビューしたい・・・

投稿: セニョ(管理人) | 2007/11/05 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎖骨骨折の影響で・・・【週末も庭いじり】 | トップページ | ちょっとした粗相をしでかしましてました・・・【マイカーメンテナンス】 »