« 我が家のプライベートビーチ | トップページ | 人生初の経験【鎖骨骨折】 »

2007/09/17

アクシデント発生!ワタクシの・・・【八海山麓MTB大会】

昨日と今日は八海山麓のMTB大会です。

Pap_0754

総勢70名を超える参加で、年々参加人数が増えているようです。

「搬送はありません」と言いながら、普段から常駐しているホーミー号と柏崎のライダーのお父さんのご厚意でピックアップが行われ、参加者は思う存分走ることが出来ました。

Pap_0752

前にも書いたようにこの大会ではスタッフでの参加です。
実は、このレース前走後走をスタッフが勤める別名「スタッフレース」と名付けた水面下の熱き戦いが毎回繰り広げられています。
そんなこともあり・・・
「だめだぁ~乗れてねぇ~」
「暑くてやる気でねぇ~」

といった牽制の意味を含めた言い訳の声がスタッフから聞こえてきますし、殆どが全日本上がり。毎回参加者より早いレコードをスタッフがたたき出しています。また、引退したとはいえ自分たちが手作りで作ったホームコースです。みんな負けられない気持ち一杯で走ってます。

ワタクシはというと今年初めて走ります。その上この日のコンディションは最悪。。。
みんなに「海で遊びすぎ怪我しないでよっ」凸”て怒られました。
いや・・・牽制じゃなくて、本当に乗れていません・・・

Pap_0751

少しでも感覚を戻そうと搬送の車をよそ目に、2本の試走は自力で上って体を起こすためのアップに励んでみました。

そんな暢気なスタッフが集まっていますが、もちろんゲストサービスも怠りません。本日のワタクシのミッションはこの辺りのコースマーシャル。

Pap_0753

それと、今日は新しいNICONのデジカメ持参です。高解像度でバシバシ連写しようと思ったら、
SDカード忘れました・・・
やむなくケータイで撮ろうと思ったら、
メモステも忘れています。役に立たないスタッフだわ・・・

さて、本日のダウンヒルは2ヒートベストタイム方式。
もちろん使えないスタッフなので写真なんぞありません。
その1本目のマーシャルも無事終わり、昼食のためスタート係のスタッフと一緒に下ります。

自分がマーシャルをしていた下の部分。
写真にも写っているラダーを飛んだ瞬間!
はるか天高く舞う自分と自転車・・・
下に見えるバックサイドも無く真っ平らな草の着地面・・・・
そして着地とともに恐ろしい衝撃が全身を襲いました。

体の硬いワタクシですが上体は波打ちステム近くまで頭が下がるほど体は屈曲した形になってます。当然重心が狂っていますから、40km/h近い速度ど相まって転ぶのには時間は要しません。
瞬く間に地面にたたきつけられてしまいました。

体を返して仰向けになることは瞬時に出来ましたが、草に覆われた路面は慣性力が多いワタクシの体を延々と滑らせます。
今までの経験では体を丸めると直線運動な滑る体が回転運動に変わって後転に変わるのですが、斜度も無く摩擦抵抗も少ない草ではガツガツとヘルメットに石がぶつかりながら空しく空走するだけです・・・

ようやく止まって立ち上がると上体はホコリまみれ。下半身には外傷はありません。
意味もなく急いでバイクと取りに戻りって走り出します。
久々の大クラッシュに凹みます。攻める気にもならすに座ったまま惰性で下って行きました。

下に降りて大会本部まで行くと
「あれ?汚れているよ」
と言い訳のし易い突っ込みを入れてくれますが自分としてはそれどころではありません。

ウェアを脱いで怪我の状況を確認。大きな擦り傷2カ所と肘が血腫(たんこぶ)気味・・・
でも予想に反してあなり痛くありません。
念のため肩を回して鎖骨系が無事であることを確認しました。

でも、ありません。昨年事故で亜脱臼した肩鎖関節の出っ張りが・・・・
慌てて鎖骨を探ると新たな場所に段差が有るように感じます。
もう一度ゆっくり肩を回すと・・・
「コクっ」っという感覚が関節以外のところで響きます・・・・

鎖骨骨折の可能性大です。
自分自身の緊急時対処を行うことになりました。

|

« 我が家のプライベートビーチ | トップページ | 人生初の経験【鎖骨骨折】 »

自転車」カテゴリの記事

MTBイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のプライベートビーチ | トップページ | 人生初の経験【鎖骨骨折】 »