« 1週間乗らないと凡人です【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 横浜出張です【桜木町→PanpacificHotel→水上バス→中華街】 »

2007/09/10

人生にはどうしてみようもないこともある・・・

昨日、家族と上越に行って来た。
海岸線を南下するのはホント久しぶりで、この日始めて中越沖地震の被害を生で見ることになったのです。

Pap_0684

撮った写真はこの1枚だけ。
このほか、今日はBlogネタを目的に写真を撮ることの出来ない1日でした。

いつものように国道116を西山インターまで走り高速に乗りました。
その道中、田中角栄のお膝元として整備された(と聞いている)対面通行の高速道路より飛ばせる国道116号(別名「角栄道路」)は至る所で波打ち、路肩も崩落している始末。
住宅の被害も結構酷く、本当に多くの家や土手がブルーシートで覆われている。大丈夫そうに見える建物にも赤や黄色の紙が貼られ、人気の無い家も目に付く。
西山から高速に乗って頸城平野を眺めても、無数のブルーシートで覆われた屋根が目に入ってきます。
原発や柏崎市街のビジュアル的にインパクトのある報道はされましたが、この農村部の実質的被害のほうが大変な気がしてなりません・・・

ブルーな気持ちになる反面「普通」に暮らしていることを「幸せ」と感じながら上越に入りました。
まずはジャスコで保存可能な肉類を中心に差し入れを買い、その足で春日野のバイクショップへ。
そのバイクショップで情報を集めてから目的のところへ行きました。

...今から10年以上前、毎日がダウンヒルで、自転車界もダウンヒルを中心に回っていると勘違い出来た頃、新潟のダウンヒル軍団「Amigo」を軌道に乗せたのが、この日会ってきた「ラスタ親父」氏です。
最近ではその行動力で上越のBMX界を盛り上げ、彼の2人の子供達も含めて上越では、いや日本のBMX界では知らない人はいないというほどの活躍です。

しかし、そんな彼ら家族を今、悪魔が絶対絶命の境地に追い込んでいるのです。

「癌」。奥さんのMARIKOさん。俺より1つ年下の彼女。気が付くとStage5・・・
正直、入ってくる情報からは俺も楽観視していた。まだ大丈夫と・・・
春頃、遊びに行っても普通に仕事していたし、
入院はしたけど結構元気そうだったし、
夏は我が家の色々なイベントもあってタイミングを逸してしまっていたけど、
でも、ここのところどうも様子がおかしかった。
彼のBlogは先週初めからemergency call状態。
日曜日に我の家族の都合を整理してようやく日曜日に彼女に会うことが出来たのです。

モルヒネでは収まらず、多量の麻酔が投入された彼女を見たときは口にする言葉も見つからなかった。
普段も感情的なことは口にしないけど、願って頑張って努力して地道に切り開いて行けば必ず思いは叶うと思って生きてきた。
きっと彼も彼女もそう思って生きて来た人達のハズ。
けど今回だけはどうしようもない。俺が思ったことは、ただ「悔しい・・・」何の知恵も力もない「無力な自分が情けない・・・」

彼女を見守りならが、誰も願ってもいない瞬間を待つ今の状態。
それでも彼はこの事実を受け止め、悲観することも無く人に振るまい、毎日を家族全員で最後まで楽しもうとしている。
確かに何も出来ない無力感で見守っていても、それじゃ無駄な時間を過ごすだけ。
彼らは今できることを精一杯やりながら、次の行き方を考えて進んでいるに違いない。

もうすでに「お見舞い」では無く「励ます」事態だったけど、また次会う約束を勝手にした。
「来週末は山麓の手伝いだし、しばらく出張が続くから再来週まで来れないから、頑張ばって待っていてね」って。
その呼びかけに病室に居た親類知人の誰も答えることが無かった・・・

|

« 1週間乗らないと凡人です【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 横浜出張です【桜木町→PanpacificHotel→水上バス→中華街】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1週間乗らないと凡人です【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 横浜出張です【桜木町→PanpacificHotel→水上バス→中華街】 »