« 我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【第3話:原点に帰ることが出来た貴重なアドバイス】 | トップページ | 明日は「お山」に行ってきます【MTB山岳サイクリング】 »

2007/07/06

我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【第4話:全長式?ネジ式?ダウンサス?】

回り系を変えるための準備期間が2ヵ月ありました。その裏話を順次ご紹介します。

~第4話:全長式?ネジ式?ダウンサス?~

結局、Trusutを買う決断が出来ずショップには申し訳なかったのですが、もう一度考え直すことに。
実はTrustを買うとき、Trust本社に直接電話を入れて製品情報を確認したのです。

(ちなみにこのころTrustのダウンマスターはモデルチェンジのためサイトから情報が消され、新しい製品発表間近の状態だった)
Trust曰く、次の製品は全長式では無くネジ式になるとのこと。「ミニバンに全長式なんて要らない!」とあっさり言われた。
ネジ式と全長式、セッティング自在の全長式が良いに決まってるじゃん。と思ったのですが、やはり今のニーズは「安く、低く、柔らかく」が売れ筋なんでしょうね。悲しいなぁ。
そうなると、他のメーカーの低価格帯のサスもそのコンセプトで作られているのかと考えると、ひと昔前のTrustの全長式が自分に向いているのでは?って思えてきた。

そこで、Trustを良く調べて見ると、どうやら全長式なのにオデッセイ用は複筒式の感じ。それじゃ全長式の利点無視してるな・・・
自分にも問いかけて見る。調整って何を換えるの?車高を調整してサスの特性が変わらないことが重要?どうせ、最初に2~3回調整したら動かさないでしょ。そんなに換えないなら全長式は要らないでしょ。車高下げる予定ないんだから、ダンパーストロークに心配はないから全長式は重要ではない。反対にプリロードの影響による飛びはねが怖いのであって、タナベのようにヘルパースプリングが入っていれば、ネジ式でも問題無さそうではないのか?

ということで、どの方式にしても自分の使い方ではバネレートと減衰という本来の素質が一番の鍵であることに気づいたのです。

|

« 我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【第3話:原点に帰ることが出来た貴重なアドバイス】 | トップページ | 明日は「お山」に行ってきます【MTB山岳サイクリング】 »

オデッセイ RB1」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

いやー足の交換を考えているので参考になります。
今の足は
「元々ダンパーが硬いところにダウンサス入れたもんだから
ダンパー硬くて、動いたら今度はストローク不足」
という感じで・・・。気持ちいい足には程遠いです・・・。

投稿: じじい | 2007/07/07 00:29

ダンピング効いてる欧州車の足回り好きだけどな。
ダンパー堅い長所は沢山あるよ。よく考えてみてちょっ。
あの車のパーツは本物志向が多いから走りにシフトちやうでしょ。
国産車用のアフターマーケットは異常だね。見せかけばかりだ。

ストローク足りないくらい下がったの?
それならブッシュに当たってんじゃないの?

投稿: セニョ(管理人) | 2007/07/08 23:38

確かに硬いダンパーは好きなんですけどね。
ただリヤのストロークが足りなすぎ・・・。
話によると30mmダウンだと
あと10mmくらいでバンプタッチらしいです。

GTIがノーマルゴルフより20mmぐらい低くて、
そこから30mmダウンなので・・・。

バンプラバーをちょっとカットかな・・?

投稿: じじい | 2007/07/09 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【第3話:原点に帰ることが出来た貴重なアドバイス】 | トップページ | 明日は「お山」に行ってきます【MTB山岳サイクリング】 »