« 我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【最終話:やっぱりホイールセットも】 | トップページ | ショックアブソーバーのうんちく【MTBは好だったSHOWA】 »

2007/07/14

車庫の中を大掃除【MTBメンテナンス】

梅雨の休日、台風も近づいているので、車庫のなかの自転車達のご機嫌伺いました。

Sn380481

お目当てはこのCHEETAのスラバイ。装備を変更して奥様に乗っていただく予定です。

CHEETAと言えば我が家にはもう1台BMXがあります。

Sn380482

JBA(→http://www.jbabmx.com/)発足の頃、ワタクシも頑張ろうと思い組んだのですが結局乗らずじまいでした。
この代理店(→http://www.groovyint.com/bicycle/)の関係でワタクシの周囲にはCHEETAブランドのMTBライダーが沢山いましたが、ブランド自体消滅してしまいちょっと残念な感じもします。

いずれにしても、ワタクシにはクールなトリックより「お山」がワタクシが向いているようです。

Sn380484

当時のフリーライド的バイクの代名詞の「マングース アンプリファイヤーⅡ」
もう10年以上前のフレームですが、今でも遜色無いそのフレームは当時のアンプリサーチ社の技術力を感じさせます。
このフレームに合わせているフォークはロックショックのSLTI。GTのRTSに装着されていたセットなので、ロングトラベルキッが入っていて、確か70㍉弱のロングストローク(当時)にも拘わらず1.2㌔という魅力的なフォークでした。
輝きも褪せて、リアのリッシーが正常に動くか心配ですが、このバイクも定期的にメンテして「動ける」状態を維持しています。

レースラインでの完動品として乗らなくても、やっぱり、ここら辺のバイクは形にしておきたいので梅雨のこの季節、余ったパーツを見ながらメンテして行く予定です。

|

« 我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【最終話:やっぱりホイールセットも】 | トップページ | ショックアブソーバーのうんちく【MTBは好だったSHOWA】 »

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のオデッセイ(RB1)ドレスアップ裏話【最終話:やっぱりホイールセットも】 | トップページ | ショックアブソーバーのうんちく【MTBは好だったSHOWA】 »