« ショックアブソーバーのうんちく【MTBはいつでも高性能?】 | トップページ | ヘッドセットやリアショックのガタ調整【MTBメンテナンス】 »

2007/07/16

走ろうと思ったらキャリパーが・・・【MTB山岳サイクリング】

柏崎を中心とした震災に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

6月の終わりに撮影したこの雲はやはり地震雲だったのかな?

Sn380395

雲の左方向がちょうど柏崎の方向になります。

この日、朝起きて雨も降っていなかったので、軽く走ろうと思ったらブレーキの調子が良くありません。
キャリパーをのぞき込むと・・・

Sn380497

片側のピストンが潜ったままになっています。この状態では引きずった状態になり異音が出てしまいます。
前回のライディングで距離にして18㌔を下り続けた際、ブレーキも高温状態が続いたので焼きつき気味だったのかな?
ひとまずフレームから外して、ピストンを押しだしてキャリパーを外し、

Sn380498

ブレーキクリーナーでダストを擦りおとしました。

Sn380499

試してみところどちらのピストンも正常に動作したので、メンテ終了!さぁ走りに行きましょう。

朝飯前と思っていたのにメンテ不足が響き余計な時間を浪費したので、あまり欲張らずに流すことにしました。なので、普段は国道を飛ばして山に向かうのですが、今日は畑の作業道をつないでオフロード中心で走りました。

途中、カーヴドッチワイナリーを通ったのですが、

Sn380501

開店前は我が者顔で猫がうろついています。

Sn380509

ここのスポットはローダウンした車や、彼女より車を大切にする人は訪れることが出来ません。

最後は林道を1本と思ったら・・・通行止め。

Sn380511

でも、気にせず進みましたが、何の問題も無く周回することができました。

帰りも作業道を中心に泥んこになって家まで帰り、シャワーを浴びて一息着くと・・・
「ぐらっ!!」新潟県中越沖地震が発生しました。

|

« ショックアブソーバーのうんちく【MTBはいつでも高性能?】 | トップページ | ヘッドセットやリアショックのガタ調整【MTBメンテナンス】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショックアブソーバーのうんちく【MTBはいつでも高性能?】 | トップページ | ヘッドセットやリアショックのガタ調整【MTBメンテナンス】 »