« 風に負けた一日【MTBサイクリング】 | トップページ | 王滝へ下見に行ってきました【出張...いやMTB...】 »

2007/04/15

シーズン始めに各部のチェック【MTBメンテナンス】

楽しかったスキーもオフに入り、これから半年はMTBのシーズンとなります。
シーズン始めに消耗品の交換と各部の調整をしました。

Sn322126

メンテナンスは夜でも出来るので、今日は特別にリビングでの作業としました。

ワイヤリングを外し、フロントフォークも抜き取ります。

Sn322127

駆動系は昨年の夏前に交換済だし、今、新しいホイールも取り寄せしているので、その際にもう少し手を入れることにします。

Sn322128

とは言っても、フロントフォークも昨年交換したので、ヘッドセットのガタを確認して、ベアリングのグリスアップと、フォーク部分ダストシールの掃除とグリスアップのみで終わらせました。

夜の作業として始めましたが、眠さに負けて、ここからは本日の朝の作業です。

Sn322130

今回のシフトワイヤーの交換はセット品を使ってみました。切り売りでパーツを揃えるより余計な心配無く揃えることが出来ました。
今まで付いていたアウターに長さを合わせてワイヤーカッターで切り詰めます。

Sn322131

その際の作業ポイントとして古いワイヤーを通して切るようにしています。それにより中のインナーが潰れずに、かつ綺麗にアウターを着ることができます。

Sn322132

下引きのワイヤーガイド部分のスリーブはアウターを削り、中のインナー部分を抜き取って使います。

Sn322134

フロント側のSISシフターにワイヤーを通す際は注意しないと新しいケーブルを曲げてしまいますので、ケーブルの端をフックに取り付ける際はロー側でフックに引っかけた後にトップ側にシフトしてからワイヤーを通すようにします。

Sn322133

抜いたインナーはハンガー部のガイド部分にこんな感じで使います。

Sn322135

ブレーキパッドはリア側が早く減ることと、この種のブレーキはブレーキライン側の圧が高くなる傾向があるようなので、左右についても片減りすることからフロントとリアのパッドを入れ替えました。

Sn322136

車輪を回しながらブレーキセンターが出るようにしてキャリパーを固定します。

Sn322137

一通り取り回しが終わったら、スパイラルコードでサイクルコンピュータのラインとブレーキホースを束ねます。
グリップも新しくします。

Sn322138

ワタクシは雨や泥でグリップが回らないように、グリップを両面テープで固定します。
ハンドル側に両面テープを貼って、両面テープとグリップにパーツクリーナーを吹きかけて素早く押し込めば簡単に取り付けできます。このやり方、父のゴルフクラブのグリップ交換をやらされた時に応用できると思い始めました。ダウンヒルでジャパンシリーズを転戦していた数年間もこの方法でノートラブルでしたから、実用上問題ないと思います。
ちなみにゴルフショップに行けば専用の両面テープと挿入用のスプレーが売っています。

Sn322139

SISの場合、レバーとグリップはこれくらいの関係にしないとレバーが外側に行ってしまいますので注意しましょう。このグリップは何てこと無いスペシャの製品ですが、ここのところ一番のお気に入りです。
端に向かって微妙にテーパー上に広がっていて、滑っても簡単に手が抜けにくい心憎い設計です。

シフトの調整はシマノの説明書に丁寧に書いてあるのでそちらをご覧いただいて・・・
今回の調整はロード用のスプロケ使って調整したこともあり、ディレイラーのテンションが落ちていて結構変速性が落ちていました。リアディレイラーも交換かなぁ・・・

|

« 風に負けた一日【MTBサイクリング】 | トップページ | 王滝へ下見に行ってきました【出張...いやMTB...】 »

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風に負けた一日【MTBサイクリング】 | トップページ | 王滝へ下見に行ってきました【出張...いやMTB...】 »