« ドアホンが鳴らない事件発生【住宅設備修理】 | トップページ | スキートレーサーとRadicalの修理【バックカントリースキー】 »

2007/03/03

山はまだ冬でした【MTB山岳サイクリング】

久しぶりに職場復帰したら変に気疲れしたので、今日の朝はゆっくり起きて昼からMTBに乗りました。
最初のステージは標高462㍍の始めてトライする山で、他に2つのステージをリエゾン区間で繋いで走ってみました。

Sn321974

今日は結構距離もあるので、今シーズン始めてHAMMERHEADを使いました。

いつも止める美術館の駐車場にデポして、そこから約1時間ちょっと走ったところからアプローチしました。

Sn321975

目標の山は左の山。思った以上に残雪があります。やはり、山間部の山は標高が低くても雪深いのえすね。本来はまだバックカントリーモードなので、どうしても右に映っている粟ヶ岳に目が行ってしまいます。

林道のとりつき部分です。

Sn321977

この地域は林業が盛んなので綺麗に舗装してありました。この林道で標高350㍍付近まで登ることができました。

その後は稜線の登山道となりますが、幅も広く、斜度も緩やかで雪が無いところは漕いで上がることができました。

Sn321978

462㍍のピークに近づくにつれて積雪も多くなり山頂付近は雪景色となりました。

Sn321979

またもスノーダウンヒルになってしまいましたが、稜線を一気に下る高速ダウンヒルは楽しいひとときです。
最後の沢筋への下りは結構急でスリルを味わうことが出来ました。

Sn321983

その後、普段走るコースをリバースで進み、いつもとは違う景色の流れを楽しみながら最後のステージのピークに到達したころには日が傾いて来ました。

Sn321984

家路につく頃には夕日も沈み、今日1日頑張って走ったという充実感を感じました。

TripOdom 60.7km
Total Time 5'16"
Elevation Gap 1078m
---
with GPS60 logs

|

« ドアホンが鳴らない事件発生【住宅設備修理】 | トップページ | スキートレーサーとRadicalの修理【バックカントリースキー】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドアホンが鳴らない事件発生【住宅設備修理】 | トップページ | スキートレーサーとRadicalの修理【バックカントリースキー】 »