« お正月の残飯クッキング【ズワイガニのクリームパスタ】 | トップページ | 実験!コンプレッサーで泥掃除【MTBメンテナンス】 »

2007/01/13

少雪の恩恵を楽しむ【MTB山岳サイクリング】

久しぶりのBlogアップです。

論文書かないといけないのでスキーはお預け。でも、休みの日くらいちょいと羽根をのばそうかなぁということで軽くチャリで流すことにしました。

始めは家から20㌔弱の林道を軽く登ってみました。

Sn321735

柿の木の向こうには一面に田んぼが広がっていますが、1月という感じが全くしません。

きょうのホイールセットは前回組んだA-CLASS VETRAX D2とスペシャのブロックタイヤ。

Sn321741

この組み合わせで始めてまとまった距離を走りましたが、完組ホイルの特性が分かった気がします。一言でいうと「もっさりと軽い」って感じ。
スポークが少ない分、空気をかき回す量は少ないようで横風もあまり気にならず、かつクルージングでの走行抵抗は少ない印象です。しかし、スポーク本数が少ない分、リムの剛性を上げるためにDEEP仕様で重量があるせいか漕ぎ出しが重い印象です。特に、登坂時に派手な立ち漕ぎで大きなトルク変動をかけて登るような走り方は非常に不向きです。
逆に、ケイデンスを上げてフラットトルクで回したり、ツーリングなど速度変化の少ない走りの場合は意外と走り易いかもしれません。

ひと山越えて下に降りたら、この山が気になりました。

Sn321743

山頂に気象レーダーがある標高683㍍の山です。

Sn321744

今は冬期閉鎖中ですが、山頂付近までスカイラインが整備されています。二輪車通行止めなので今がチャンスです。

5合目付近まで上がったところで、道先案内人のGARMIN GPS60の電源が切れてしまいました。出発前にバッテリー残量を確認するのを忘れていました。。。。
勝手知ったるローケーションなので不自由はありませんが、GPSに慣れているので不安もあります。

6合目まで登りました。ここまで全く雪が無いどころか、道路には水が流れています。

Sn321748

6合目を過ぎると降った雪が凍って来ました。気温も下がって来ましたが、予想に反して風が弱いことに救われます。これは冬型になると西の風になる地域柄、東斜面を上がっているのでちょど陰になっているものと思われます。

Sn321751

登りのギア比もミドル&ローで上がれる程度の坂ですが、ラフにペダリングするとスリップするようになりました。

結構な標高まで上がってきました。路面はずーっとアイスバーンになりました。その緊張に反して眼下には山々と冬の日本海が広がっています。

Sn321752

ここがスカイラインの最高地点です。テレビ塔がほぼ水平に見える地点まで上がりました。

Sn320028

路面に残った足跡は、自分の歩いてきた足跡、タイヤ痕、そしてうさぎの足跡だけなのがとても気持ち良いです。

Sn320030q

無理矢理電源を入れたGPSが示した標高は542㍍。この寒さの中頑張って登りました。が、それ以上の頑張らないといけないのが下りです。
ハイスピードになる下りはペダリングもあまりしないので、体温が下がる一方です。だんだん手の感覚がなくなっていきます。

Sn321749

おまけにいつブラックアイスが現れるか分からない路面状況。気を抜くワケにはいきません。

凍った下り路面は昔懐かしいリーンアウトで足を前に出すスタイルがリカバリし易くて安全ですが、その姿を自分で想像すると、昔昔ヤナギが「ダウンヒルでポン」なんている連載でハマーのプロテクターでクラインを操っていた頃を思い出しました。

スカイラインをぶっ飛ばして下っている途中からトレイルに入りました。

Sn320032

このトレイルも本来は旧道で、倒木が無ければ気持ちよい九十九折りなのですが、倒木を避けるように階段を作っているのでもはや絶望的でしょう。

麓の温泉街に着いて残りの道のりは約25㌔。体がかなり冷えています。
急ぎたくてもピッチが上がらず、体は冷えて結構辛い思いをして自宅まで戻りました。

TripOdom 63.2km(推定)
Moving Time 3'58"
Elevation Gap 822m
---
with GPS60 logs

|

« お正月の残飯クッキング【ズワイガニのクリームパスタ】 | トップページ | 実験!コンプレッサーで泥掃除【MTBメンテナンス】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お正月の残飯クッキング【ズワイガニのクリームパスタ】 | トップページ | 実験!コンプレッサーで泥掃除【MTBメンテナンス】 »